ホーム > 活用例 > 食品 > 無調整豆乳と調製豆乳の粒子径

無調整豆乳と調製豆乳の粒子径

概 要

発見! 製品比較をすることができます

図1と2に無調整と調製の豆乳の粒子径測定の結果 を示します。その結果、無調整豆乳は33nm、472nmの2ピークの粒度分布になっています。これはタンパク質会合体とエマルジョンの粒子と思われます。一方、調製豆乳のそれはエマルジョンのブロードな1ピーク(d=743nm)の分布になっており、 無調整と調製の違いがみられています。また、無調整と調製豆乳のゼータ電位は-25mVと-21mVとなりわずかな差ですが粒子径と同様に違いがみられています。

データ

図1 無調整の豆乳の粒子径測定結果

図1 無調整の豆乳の粒子径測定結果

 

図2 調整の豆乳の粒子径測定結果

図2 調整の豆乳の粒子径測定結果

関連資料ダウンロード

関連製品

ゼータ電位・粒径・分子量測定システム ELSZ-2000ZS

ページトップへ