ホーム > 製品情報:分析機器 > 粒子径・粒度分布

粒子径・粒度分布

粒子径・粒度分布 & ゼータ電位

ゼータ電位・粒径・分子量測定システム ELSZ-2000ZS

従来からの希薄溶液~濃厚溶液でのゼータ電位・粒子径測定に加え、分子量測定も可能な装置です。
粒子径測定範囲(0.6nm~10μm)、濃度範囲(0.00001%~40%)に対応。電気浸透流を実測し、高精度なゼータ電位測定を可能とした最小容量130μL~のディスポーザブルセルで測定が可能です。
また新たに0~90℃の幅広い温度範囲で、自動温度グラジエント測定をおこない変性・相転移温度解析が可能です。
 

粒子径・粒度分布 & 分子量

ダイナミック光散乱光度計 DLS-8000series

動的光散乱法を用いた粒子径・粒子径分布(粒径・粒径分布)測定と静的光散乱法を用いた絶対分子量・慣性半径・第二ビリアル係数の測定が可能です。

ゼータ電位・粒径・分子量測定システム ELSZ-2000ZS

従来からの希薄溶液~濃厚溶液でのゼータ電位・粒子径測定に加え、分子量測定も可能な装置です。
粒子径測定範囲(0.6nm~10μm)、濃度範囲(0.00001%~40%)に対応。電気浸透流を実測し、高精度なゼータ電位測定を可能とした最小容量130μL~のディスポーザブルセルで測定が可能です。
また新たに0~90℃の幅広い温度範囲で、自動温度グラジエント測定をおこない変性・相転移温度解析が可能です。
 

粒径・分子量測定システム ELSZ-2000S

従来からの希薄溶液~濃厚溶液での粒子径測定に加え、分子量測定も可能な装置です。
粒子径測定範囲(0.6nm~10μm)、濃度範囲(0.00001%~40%)に対応。
また新たに0~90℃の幅広い温度範囲で、自動温度グラジエント測定をおこない変性・相転移温度解析が可能です。
 

粒子径・粒度分布

多検体ナノ粒子径測定システム nanoSAQLA New

動的光散乱法(DLS法)による粒子径測定(粒子径0.6nm~10μm)装置です。
品質管理のニーズを更に追求した機能を各種搭載。
希薄~濃厚系まで広濃度範囲で多検体測定対応した新光学系、ラボで必須な軽量・小型化、標準1分の高速測定を実現しています。

また、非浸漬型でコンタミの影響を受けず、オートサンプラーなしで“5検体連続測定”を標準装備した新製品です。

粒径・分子量測定システム ELSZ-2000S

従来からの希薄溶液~濃厚溶液での粒子径測定に加え、分子量測定も可能な装置です。
粒子径測定範囲(0.6nm~10μm)、濃度範囲(0.00001%~40%)に対応。
また新たに0~90℃の幅広い温度範囲で、自動温度グラジエント測定をおこない変性・相転移温度解析が可能です。
 

ダイナミック光散乱光度計 DLS-6500series

動的光散乱法を用いた粒子径・粒子径分布(粒径・粒径分布)測定が可能です。

ファイバー光学動的光散乱光度計 FDLS-3000

固体レーザーと高感度検出器(冷却型光電子倍増管)により、0.5nm~5000nmの粒子の粒子径・粒子径分布(粒径・粒径分布)測定が可能です。

濃厚系粒径アナライザー FPAR-1000

希薄系から濃厚系まで、幅広い濃度領域での粒子径測定
コロイド分散液やスラリーの分散状態の解析に最適です。
 

オートサンプラー付濃厚系粒径アナライザー FPAR-1000AS

FPARとオートサンプラーの組み合せで、50検体までの試料について粒子径の自動測定が可能です。
サンプル量が1mlで、安価なディスポセルを用いての測定が可能です。
 

高分子相構造解析システム New

小角光散乱法を用いて、高分子やフィルムの構造をIn-situ、リアルタイムに解析できる装置です。X線や中性子線を用いた装置と比べて、より大きな構造(μmオーダー)の評価が可能です。