ホーム > 製品情報:分析機器 > 粒子径・粒度分布 > 粒子径・粒度分布 > 多検体ナノ粒子径測定システム nanoSAQLA

多検体ナノ粒子径測定システム nanoSAQLA NEW

動的光散乱法(DLS法)による粒子径測定(粒子径0.6nm~10μm)装置です。
品質管理のニーズを更に追求した機能を各種搭載。
希薄~濃厚系まで広濃度範囲で多検体測定対応した新光学系、ラボで必須な軽量・小型化、標準1分の高速測定を実現しています。

また、非浸漬型でコンタミの影響を受けず、オートサンプラーなしで“5検体連続測定”を標準装備した新製品です。

【 この装置の動画はこちら 】

 

製品情報

特 長
  • 1台で手軽に5検体連続測定
     オートサンプラーなしでは難しかった複数検体の連続測定を実現
     各検体の条件を変えて測定することも可能
  • 希薄から濃厚系対応
  • 標準測定時間1分の高速測定
     濃厚系から希薄系サンプルまで最適な測定位置を自動調整し約1分の高速測定を実現
  • かんたん測定機能搭載 (1クリックで測定開始できる)
     複雑な操作は一切なし、シンプルでわかりやすいソフト
  • 非浸漬型のセルブロック内蔵で分注なしのコンタミレス
     各セルが独立しているためコンタミの心配がありません
  • 温度グラジエント機能搭載
     温度設定も手軽に可能

 

測定範囲(理論値)
  • 粒子径 0.6nm~10μm
  • 濃度範囲 0.00001~40%
  • 温度範囲 0~90℃*

動 画
 

 

仕様

仕 様
 型式  多検体ナノ粒子径測定システム
 測定原理  動的光散乱法
 光源  高出力半導体レーザー *1
 検出器  高感度APD
 連続測定  5検体
 測定範囲  0.6nm ~ 10μm
 対応濃度  0.00001 ~ 40% *2
 温度  0 ~ 90℃ (温度グラジエント機能あり) *3
 規格  ISO 22412:2017 準拠
 JIS Z 8828:2019 準拠
 サイズ  W240 X D480 X H375 mm
 重量  約18 kg
 ソフトウェア  平均粒子径解析 (キュムラント法解析)
 粒度分布解析
 (Marquardt法/NNLS/Contin法/Unimodal法)
 粒度分布重ね書き
 逆相関関数・残差プロット
 粒子径モニター
 粒子径表示範囲 (0.1 ~ 106 nm)
 分子量計算機能

*1 本装置はレーザーに関する安全基準 (JIS C6802)のクラス1に区分される製品です。
*2 Latex120nm:0.00001 ~ 10%、タウロコール酸:~40%
*3 標準ガラスセルでのバッチ測定の場合。
  ディスポセルや連続測定時は 15 ~ 40℃ (温度グラジエント非対応)

測定例

界面活性剤添加による分散安定性改善の評価

界面活性剤添加による分散安定性改善の評価

界面活性剤添加の有無や種類の違いによる分散安定性の変化を平均粒子径の
経時変化から評価することができます。

 

濃厚溶液を4色連続測定

プリンタ用インクの粒度分布
プリンタ用インクの粒度分布

 

希薄から濃厚系に対応

ポリスチレンラテックス120nm(0.00001%)
ポリスチレンラテックス120nm(0.00001%)

タウロコール酸(40%)の粒度分布タウロコール酸(40%)の粒度分布

 

 

関連情報

関連製品

多検体ナノ粒子径測定システム nanoSAQLA(オートサンプラ AS50 付き)

ゼータ電位・粒径・分子量測定システム ELSZ-2000ZS

粒径・分子量測定システム ELSZ-2000S

ダイナミック光散乱光度計 DLS-8000series

ダイナミック光散乱光度計 DLS-6500series

濃厚系粒径アナライザー FPAR-1000

オートサンプラー付濃厚系粒径アナライザー FPAR-1000AS