ホーム > 活用例 > 食品 > 各種牛乳の粒子径分布

各種牛乳の粒子径分布

概 要

発見! 粒子径の違いは食感に影響します

一般の牛乳は、約200nmから約2.5μmの粒径分布であるのに対し、ノンホモ牛乳は0.1μmから数10μm以上の非常に幅広い粒径分布を示しています。逆に低脂肪乳では、約200nmから約1.5μmの粒径分布になり、最も粒径分布が狭いことが確認できました。

データ

各種牛乳の粒子径分布 

図1 各種牛乳の粒径分布の重ね書き

 

関連資料ダウンロード

関連製品

オートサンプラー付濃厚系粒径アナライザー FPAR-1000AS

ページトップへ