ホーム > 活用例 > ヘルスケア > 分子量の異なるタンパク質の粒子径

分子量の異なるタンパク質の粒子径

概 要

発見! タンパク質の比較をすることができます

DNAやタンパク質などの生体高分子は、粒子径が数nmから10nmの大きさで、生命現象をつかさどるナノマシンです。これらの物性評価に粒子径測定がよく行われますが、数nmレベルの測定が可能な動的光散乱法がよく用いられます。 今回、分子量が異なるタンパク質、牛血清アルブミン(BSA、モノマーMw=66000),卵白アルブミン(OVA、Mw=45000)、リゾチーム(Mw=14000)を10mMリン酸緩衝液(pH7)に濃度が1mg/mlになるように溶解し、光学的精製(ポアサイズ0.1μmのフィルターでろ過)後、測定を行いました。

データ

異なるタンパク

図1 BSA、OVA、リゾチームの粒子径分布 

関連資料ダウンロード

関連製品

ゼータ電位・粒径・分子量測定システム ELSZ-2000ZS

オートサンプラー付濃厚系粒径アナライザー FPAR-1000AS

ページトップへ