ホーム > 活用例 > ヘルスケア > 界面活性剤複合体の粒子径と電気泳動移動度

界面活性剤複合体の粒子径と電気泳動移動度

概 要

発見! タンパク質への「結合・状態変化」を評価できます

牛血清アルブミン(BSA)と界面活性剤の相互作用は非常に詳しく研究されています。初期の研究においては、界面活性剤との複合体の電気泳動が盛んに研究されましたが、その後この系の研究は、界面活性剤のタンパク質への結合と、それに伴うタンパク質のコンフォメーション変化に集中しています。

データ

SDS濃度によるBSAの粒径変化

図1 SDS濃度によるBSAの粒径変化

関連資料ダウンロード

関連製品

ゼータ電位・粒径・分子量測定システム ELSZ-2000ZS

ページトップへ