ホーム > 活用例 > ヘルスケア > タンパク質の表面電位、洗浄効果評価

タンパク質の表面電位、洗浄効果評価

概 要

発見! 「表面の汚れ・洗浄力」を評価できます

平板試料用セルはシート状や板状の試料の表面電位を測定する目的で開発された電気泳動光散乱装置のオプションセルの1つです。その用途の1つに、新素材開発として医用材料の評価が挙げられます。人工臓器等、医用材料は一般にタンパク質の吸着の問題があり、生体内には多種のタンパク質が存在することから、タンパク質吸着性の評価、コーティングによる吸着防止、洗浄によるタンパク質の剥離、あるいはこの性質を積極的に利用して抗血栓性材料等の生体適合性材料の開発等、いろいろな視点から材料表面の評価が必要であり、平板試料用セルもその一助になると思われます。

データ 

ラテックスおよびBSAモニター粒子で測定したPMMA、PVDFの表面ゼ-タ電位のpHタイトレーションカーブ

図1  ラテックスおよびBSAモニター粒子で測定したPMMA、PVDFの表面ゼ-タ電位のpHタイトレーションカーブ

関連資料ダウンロード

関連製品

ゼータ電位・粒径・分子量測定システム ELSZ-2000ZS

ページトップへ