ホーム > 活用例 > ヘルスケア > タンパク質の分析

タンパク質の分析

概 要

発見! 吸着を抑制し、定量評価が可能です

キャピラリー電気泳動によりタンパク質を分析する場合、泳動液のpHがタンパク質の等電点(pI)より低いとタンパク質は正電荷をもつため、負電荷をもつキャピラリー内壁に吸着します。そのため、正電荷をもつタンパク質についてはピークがみられない、またはピーク形状がブロードになるため分析が困難になります。 今回、キャピラリーの内壁を陽イオン性高分子で処理(所要準備時間1時間以内)をおこない、正電荷をもつタンパク質の吸着を抑制して分析をおこないました。

データ

電気泳動法によるタンパク質の分析

 図1 牛血清アルブミン、リボヌクレアーゼ、リゾチーム(各50ppm)のエレクトロフェログラム

関連資料ダウンロード

関連製品

キャピラリ電気泳動システム Agilent 7100

ページトップへ