ホーム > 活用例 > 半導体製造工程 > 洗浄液のイオン分析(Agilent 7100)

洗浄液のイオン分析(Agilent 7100)

洗浄液のイオン分析(Agilent 7100)

洗浄工程では洗浄液自体に異物が無いかの分析が必要とされます。洗浄液は高濃度の薬液(フッ酸、過酸化水素など)を使用しているため、HPLCを用いた測定ではカラムがすぐに消耗します。キャピラリー電気泳動法はカラムを必要とせず、簡単に洗浄液を分析できます。
 

  • ウェーハ作製
    ウェーハ作製

  • 洗浄
    洗浄
  • ウェーハ表面酸化
    ウェーハ表面酸化

関連製品

キャピラリ電気泳動システム Agilent 7100

ページトップへ