ホーム > Webで学ぶ > 膜厚評価について学ぶ > ラインスキャン膜厚計によるインライン膜厚計測

ラインスキャン膜厚計によるインライン膜厚計測

10.おわりに

本稿で紹介したように、ハイパースペクトルカメラを用いた膜厚計は、今後ますます需要が伸びると期待しています。上で述べたような分野だけでなく、アプリケーション次第であらゆる可能性を秘めているシステムです。
当社でも、従来の検査システムで培った技術に裏打ちされた、より高性能な膜厚検査システムの開発に取り組んでいます。また、膜厚計測分野で30年以上の実績による的確なソリューションを提供可能であり、デモ測定も実施しています。もし、検査に不満があったりさらなる品質向上のために検査システムの導入を検討中であれば、ぜひ当社にご相談ください。
本稿を最後までお読みいただきましてありがとうございます。ここで紹介した技術、製品が皆様の一助となれば幸甚です。

『画像ラボ』2020年10月号に掲載 2020/10)

関連製品

ラインスキャン膜厚計【インラインタイプ】

ラインスキャン膜厚計【オフラインタイプ】

ページトップへ

Twitter LinkdIn Youtube

大塚電子公式 SNS