ホーム > Webで学ぶ > 膜厚評価について学ぶ > ラインスキャン膜厚計によるインライン膜厚計測

ラインスキャン膜厚計によるインライン膜厚計測

1.はじめに

近年の働き方改革推進や新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による外出自粛によって、在宅ワークやテレワーク、Web会議の普及などワークスタイルが大きく様変わりしています。その中でノートPCやタブレットに代表される表示デバイスは必要不可欠なツールです。これらの需要増により、重要な内部構成パーツである光学フィルムも需要が大きくなっています。また、タブレットやスマートフォン、テレビの高精細化が進み、光学フィルムの厚みに対する品質要求も高まっています。本稿では、従来のシステムと比較しながらラインスキャン膜厚計の特長や活用事例を紹介します。

関連製品

ラインスキャン膜厚計【インラインタイプ】

ラインスキャン膜厚計【オフラインタイプ】

ページトップへ