ホーム > Webで学ぶ > 粒子径について学ぶ > 【入門】 微粒子の粒子径(粒径)測定

【入門】 微粒子の粒子径(粒径)測定

6.動的光散乱法のソフトウェアの特長

試料に応じた最適な測定条件での測定が可能なソフトコリレータを搭載しています。 また、ソフトウエアが日本語表示なので操作性に優れています。

1) 光子相関法により高精度なデータ取り込みが可能です。

2) 豊富な解析モードにより信頼性の高いデータが得られます。

3) 短時間での測定が可能です。

4) 測定条件の自動設定が可能です。

5) 試料の粒子径の経時変化が測定できます。

6) 粒子径分布の重ね書き表示が可能です。

関連製品

ゼータ電位・粒径・分子量測定システム ELSZ-2000ZS

粒径・分子量測定システム ELSZ-2000S

多検体ナノ粒子径測定システム nanoSAQLA(オートサンプラ AS50 付き)

多検体ナノ粒子径測定システム nanoSAQLA

ダイナミック光散乱光度計 DLS-8000series

ダイナミック光散乱光度計 DLS-6500series

ファイバー光学動的光散乱光度計 FDLS-3000

ページトップへ