マイページ
言語切替

ホーム > Webで学ぶ > 粒子径について学ぶ > 【入門】 微粒子の粒子径(粒径)測定

【入門】 微粒子の粒子径(粒径)測定

1.はじめに

近年、新素材・新材料の研究・開発が盛んになっており、特に超微粉体特有の微小性に関する機能を産業技術の一要素として取り込もうとする動きが活発化しています。また、インク・顔料の分散性の評価や、半導体分野における研磨粒子の粒子径管理などの重要性がますます増えてきています。そのため、粒子径測定に対する新しい要求が次々に提起され、それらに応じた新しい測定技術(測定装置)の展開が図られています。

当社装置(DLS-8000、FPAR-1000、ELSZ series)には、光散乱測定技術をコアとして、粒子のブラウン運動による散乱光の揺らぎを測定する動的光散乱法による粒子径測定装置や、粒子を電気泳動したときの散乱光のドップラー効果を測定する電気泳動光散乱法によるゼータ電位測定装置があり、溶液中の微粒子の分散状態に関する情報が得られます。

動的光散乱法では、サブミクロン域以下(Ar仕様:1.4nm~7μm、He-Ne仕様:3nm~7μm)の粒子径・粒子径分布の測定が可能です。また、当社装置の測定目的物は、溶液中に分散している粒子の粒子径・粒子径分布測定であることから、測定対象としては、無機系粒子、有機系粒子の分散系のみならず生体高分子や高分子電解質等の溶液系と幅広い粒子(コロイド)の測定がおこなえ、かつ、粒子の凝集過程等のダイナミックな変化状態の情報を提供することが可能です。

 
各種粒子の粒径範囲と測定法

図1. 各種粒子の粒子径(粒径)範囲と測定法

関連製品

濃厚系粒径アナライザー FPAR-1000

オートサンプラー付濃厚系粒径アナライザー FPAR-1000AS

ダイナミック光散乱光度計 DLS-8000series

ダイナミック光散乱光度計 DLS-6500series

ファイバー光学動的光散乱光度計 FDLS-3000

ゼータ電位・粒径・分子量測定システム ELSZ-2000ZS

粒径・分子量測定システム ELSZ-2000S