ホーム > 活用例 > 環境・エネルギー > フラーレン(C60)の粒子径分布

フラーレン(C60)の粒子径分布

概 要

フラーレンはその高い対称性に起因する数々の特異的な性質を示すと言われており,当初は超伝導体や磁性体に関する研究が盛んにおこなわれました。最近では化学修飾の手法を基本に燃料電池,太陽エネルギー変換,DNA導入,医薬品に関する機能性物質の探索などの応用研究に展開されています。

データ

フラーレン1

図1 フラーレンの粒子径分布

 

フラーレン2

図2 C60の構造とサイズ

 

関連資料ダウンロード

関連製品

ゼータ電位・粒径・分子量測定システム ELSZ-2000ZS

ページトップへ