ホーム > 活用例 > 環境・エネルギー > 固体表面電位による交互積層法の評価

固体表面電位による交互積層法の評価

概 要

発見! 「吸着具合」を評価できます

材料表面を修飾して新しい機能を発現させることは、幅広い分野で研究されています。 一例として、無機粒子や高分子粒子などをコア粒子とし、その粒子表面を修飾したコア・シェル粒子は、薬物配送システム(DDS)や燃料電池などに応用されています。 今回、交互積層法(交互吸着法)により、スライドガラス基板上にカチオン性高分子およびアニオン性高分子を交互に吸着させ、それぞれの層のゼータ電位を、平板セルを用いて測定しました。

データ

固体表面電位

図1 PEIとNafionを交互に4回積層したとき のスライドガラスの表面ゼータ電位の変化

技術資料ダウンロード

機能性材料 (5692KB)

関連製品

ゼータ電位・粒径・分子量測定システム ELSZ-2000ZS

ページトップへ