ホーム > 活用例 > 環境・エネルギー > 河川水のイオン濃度

河川水のイオン濃度

概 要

発見! 「水質」を評価できます

環境水試料における従来のイオン分析法では、分析対象となる成分に応じた分析方法や試料の前処理法の選択が必要でした。キャピラリー電気泳動では、手間のかかる前処理がなく、多くの成分について、短時間、高分解能の測定が可能です。また、泳動液の種類を変えるだけで陽イオン、陰イオンが連続して分析できます。

データ

河川1 

図1 各河川水に含まれる陽イオンのエレクトロフェログラム

 

河川2

図2 各河川水に含まれる陰イオンのエレクトロフェログラム

関連資料ダウンロード

関連製品

キャピラリ電気泳動システム Agilent 7100

ページトップへ