ホーム > Webで学ぶ > キャピラリー電気泳動について学ぶ > 【入門】 キャピラリー電気泳動

【入門】 キャピラリー電気泳動

7.キャピラリー電気泳動のメリットは?

キャピラリーは細い管です。その管の内部で電気泳動をおこなうため、サンプルは少量ですみます。また、高電圧をかけることができるため、短時間に高分離能で測定が可能という特長を持っています。

他の分離分析法と比較しても、多くのメリットを持っています。例えば、

1.前処理の簡略化
2.同一サンプル中の陽イオン・陰イオンの連続分析可能
3.多モード連続自動分析可能

などです。加えて、高価な有機溶媒を使用しないため経済的であり、廃液処理の問題も非常に少なくてすみます。

■ 高速液体クロマトグラフィー(HPLC)との比較
高速液体クロマトグラフィー(HPLC)との比較

【 図 7 】 漢方薬の分析

 

  HPCE HPLC
測定時間 短い 長い
分離能(理論段数) 数千~数万 数千~数百万
最小試料量 数μL~ 数mL~
インジェクト量 4nL~ 数μL~
溶離液 少量(緩衝液) 多量(溶媒)


■ イオンクロマトグラフィー(IC)との比較

 

  HPCE IC
測定時間 陰イオンで 2~8分 陰イオンで 5~30分
前処 右欄のような前処理は
不要
妨害有機物、カウンタイオン
の除去
カラム保護のための前処理
を要する場合もある
陰イオン・陽イオン
同時分析
緩衝液、印加極性
切り換えで 容易に可能
不可
カラム交換が必要
一価・二価陽イオン分析
遷移金属・希土類分析
緩衝液切り換えで
容易に可能
溶離液、カラム、検出器などの
交換が必要
ランニングコスト 緩衝液の使用量が
少ないので経済的
溶離液の使用量が多い
(1~2mL/min)

 

関連製品

キャピラリ電気泳動システム Agilent 7100

ページトップへ