マイページ
言語切替

ホーム > 製品情報:分光計測機器 > 光源照明評価機器 > 全光束測定装置 > 全光束測定システム HM/FM series

全光束測定システム HM/FM series

LEDから照明まで幅広い光源の全光束を測定します。
 ・積分球+分光器で全光束から色測定まで幅広く対応
 ・光源を加熱/冷却コントロールし温度特性評価が可能
 ・直流/交流電源をシステム一括制御。面倒な操作不要
 ・積分半球では測定精度も高く、サンプルセットも容易
 ・ワットクラスのハイパワーレーザー光源の測定も対応

長年の実績から全光束測定のどんなシーンにも対応し、要求に合わせた測定システムをサポートします。

 


※資料やカタログダウンロードには会員登録が必要です
 【 関連技術資料ダウンロード
 【 関連論文ダウンロード
 

製品情報

特 長
  • 最大2400mmの直管光学の全光束測定に対応可能
  • IESNAのLM-79とLM-80に準拠した測定システム
  • 新型検出器の採用により、広ダイナミックレンジ測定が可能
  • 測定部(積分球または積分半球)のサイズは、用途に応じて
    φ250mmからφ3000mmまでラインアップ
  • L-I-V測定、パルス点等測定、サンプル温調測定に対応可能
  • パルス幅変調(PWM)調光に対応

 

全光束測定のあらゆる要望に対応

 

全光束測定システムラインアップ

これ以外のサイズについては別途お問い合わせください。

 

評価項目
  • 全光束〔JIS C 7801:2009 / JIS C 8152:2007〕
  • 分光全放射束(スペクトル)
  • 等色標準偏差(SDCM)
  • 色度座標(u, v)〔CIE 1960UCS〕
  • 色度座標(x, y)〔JIS Z 8724:1997〕
  • 色度座標(u', v')〔CIE 1976UCS〕
  • 相関色温度とDuv〔JIS Z 8725:1999〕
  • 主波長(Dominant)と刺激純度(Purity)〔JIS Z 8701:1999〕
  • 演色性評価数(Ra, R1~R15)〔JIS Z 8726:1990〕

 

仕 様

仕 様
光学系
積分球積      *1
分半球(HalfMoon)
φ250、φ300、φ500、φ1000、φ1650、φ2000、φ3000mm
分光放射束標準ランプ 定格出力:5 W以下、定格電圧:5 V以下、光束量:約50 lm
自己吸収補正用ランプ 定格出力:5 W以下、定格電圧:5 V以下、光束量:約50 lm
ランプ光源 電流精度設定電流の± 0.1 %、± 2.0 mA
ランプ切替スイッチボックス 分光放射束標準ランプと自己吸収補正用ランプをランプ電源1台で
切り替えて点灯
検出器(瞬間マルチ測光検出器)
測定波長範囲 360 nm ~ 1100 nm *2

*1 : これ以外のサイズにも対応可能
*2 : 検出器の波長範囲は選択可能

 

HM series















全光束測定システム(HalfMoon) 
HM series

 
特 長
  • 光源の点灯姿勢が変更できるため、実使用条件下での測定が可能
  • 発光部以外を積分空間より排除、吸収誤差を解消
  • 積分空間の半減で明るさ(感度)が2倍
  • 面発光光源の全光束測定に最適
  • 発光面以外を積分半球の外に配置できるため、サンプルの温調が容易
    (高出力光源にも対応)
  • サンプル光源自身の影の影響を排除できるため、大型サンプルに最適
    (積分球直径の1/3まで対応)

 

システム構成図

 

さまざまなタイプの積分半球

FM series










全光束測定システム(積分球) 
FM series

 

 

特 長
  • 積分半球仕様と同様に2400mmの直管光源の測定が可能
  • 補助電球を設置した積分球を使用し、自己吸収を補正

 

システム構成図

 

関連情報

関連製品

分光配光測定システム GP series

高速ニアフィールド配光測定システム GP-7 series

寿命検査装置

量子効率測定システム QE-2000/2100

インライン蛍光体フィルム検査システム DF-1000

高感度分光放射輝度計 HS-1000

高速LED光学特性モニター LE series