ホーム > 製品情報:分光計測機器 > 光源照明評価機器 > UV測定装置 > 紫外分光全放射束測定システム

紫外分光全放射束測定システム

紫外LEDの放射束を評価します。
・高性能化する紫外LEDの出力評価
・温調ユニットと組み合わせての温度評価
殺菌、浄化、樹脂硬化と期待されるUV-LEDの
光学特性評価をサポートします。

 

製品情報

特長
  • 高感度検出器による広い測定範囲
  • 紫外光の自己吸収補正で高精度測定
  • 温調ユニット搭載で-110℃からの温調可能
  • 紫外から可視までの波長範囲をカバー
  • ソフトウェアで電源、温調ユニット、測定計器を一括制御

 

評価項目
  • 放射束、分光放射束
  • 殺菌効果度 *1
  • ピーク波長、半値幅
  • 全光束測定システムに準ずる測定項目
     全光束、三刺激値XYZ、色度座標xy、uv、u'v'
     相関色温度、Duv、主波長、刺激純度
     演色性評価数、等色標準偏差
     光量子量、外部量子効率、発光効率

※紫外放射傷害作用関数から算出

 

仕様

仕様

紫外分光全放射束測定システムの仕様

*1 : 参考値。220-850nm検出器でA光源測定時の結果から推定
*2 : 参考値。220-850nm検出器でA光源の250-400nm測定時から推定
*3 : オプションで対応可能な項目
*4 : オプション品につきましては 全光束測定システム の仕様ページをご参照ください
 

 

装置構成

基本構成

紫外分光全放射束測定システムの基本構成

データ処理部を含む検出器、ファイバー、積分球の構成。
オプションでサンプルの温度制御した温度特性評価も可能です。

 

測定例

UV-LED測定結果 (λp=280nm)

紫外分光全放射束測定システムの測定例

紫外分光全放射束測定システムの測定例

深紫外LED(ピーク波長280nm)を測定した例です。
高感度の検出器を使用することで、ピーク波長を再現性良く測定可能です。
また波形もノイズ成分なく評価することができます。
さらに紫外放射傷害作用関数と組み合わせ、LEDの殺菌効果度も
算出することが可能です。

 

関連情報

関連製品

紫外分光配光測定システム

紫外高速ニアフィールド配光測定システム

紫外照度測定システム

紫外分光放射輝度計

全光束測定システム HM/FM series

分光配光測定システム GP series

高速LED光学特性モニター LE series