マイページ
言語切替

ホーム > Webで学ぶ > 光源照明評価について学ぶ > 光学設計のための配光測定ファーフィールド/ニアフィールド

光学設計のための配光測定
ファーフィールド/ニアフィールド

1.LED照明について

■ LED照明の普及

様々なLED照明

昨今の照明はそのほとんどがLEDを光源として作られています。LEDの照明がここまで普及してきた理由には、高い発光効率をもち小型で柔軟な設計が可能であること、そしてLED自体の低価格化があげられます。

 


■ LED照明の構造

LED照明の構造_LED電球の構造と配光制御(一例)

LEDで作られる電球は図のように点灯回路+LED+光学材料(フィルム、拡散板、反射板、レンズなど)を組み合わせることで、様々な構造で設計がなされています。
これはLED照明が明るさの追求、指向性の制御、調光、調色、デザイン性の重視など照明にとって必要なニーズに応えることが可能になったことが背景にあります。
 

関連製品

分光配光測定システム GP series

高速ニアフィールド配光測定システム GP-7 series