マイページ
言語切替

ホーム > 製品情報:分光計測機器 > 光源照明評価機器 > 配光測定装置 > 高速ニアフィールド配光測定システム GP-7 series

ホーム > 製品情報:分光計測機器 > FPD関連評価機器 > 配光測定装置 > 高速ニアフィールド配光測定システム GP-7 series

高速ニアフィールド配光測定システム GP-7 series

光源単体や光学材料の配光を評価する装置です。

・配光測定の常識を覆す測定時間10分を実現!

・1回の測定であらゆる空間照度を捉える!

・他社光学設計ソフトでも扱えるデータ形式!

・1.5m角に収まるコンパクトな装置サイズ!

・一般的なIESフォーマットの配光データも出力可!

これ一台で光源の配光測定からレンズやフィルムなどの材料の光学特性まで幅広く評価ができる装置です。

 

【 この装置の動画はこちら 】

 

製品情報

特 長
  • 高速測定により、従来法と比較して大幅短縮化を実現(約10分)
  • 一度の測定で、多彩な条件での測定結果を算出
  • 二次元輝度センサーによるニアフィールド測定
  • 暗箱内設置により暗室設備不要
  • 独自の照度・光度算出アルゴリズムにより高S/N比を実現
  • 任意の位置・距離での照度・光度の算出が可能
  • 任意光線データ、IESフォーマットによる光学シミュレーションソフトとの連携が可能

 

測定項目
  • 輝度光線データ
  • 照度・光度・配光データ

 

用 途
  • 自動車のヘッドランプ、 ルームランプなどの灯火器
  • 街路灯、投光機、スポットライト
  • LEDパッケージ(紫外、可視、赤外)、 チップ、モジュール
  • 液晶や有機ELなどのディスプレイ視野角特性 
  • 赤外線センサーの配光特性
  • レンズやリフレクタなどの光学材料の特性

 

仕 様

仕様
型式 GP-7 series
300 600 1000
対応サンプル例 ランプ、一般照明器具 自動車ヘッドランプ
ユニット
大型照明器具
サンプル設置サイズ 直径400mm以下 直径800mm以下 直径1000mm以下
測定エリア 300 x 300mm 600 x 600mm 1000x1000mm
測定角度範囲と間隔 X:±90°、Y:±90°
0.1°間隔
X:±90°、Y:±90°
0.1°間隔
φ:±90°、Y:±90°
0.1°間隔
測定時間 約10分
X:±90°、1°Step
Y:±90°、1°Step
約10分
X:±90°、1°Step
Y:±90°、1°Step
約25分
φ:±90°、1°Step
θ:±90°、1°Step
検出器 輝度二次元センサー(紫外~近赤外タイプ)
測定項目 輝度光線データ、照度・光度・配光データ

 

 

装置構成

装置外観図  GP-7 (300)

装置外観図  GP-7 series (300)

 

 

プロジェクターヘッドライトのニアフィールド配光測定。
このタイプのヘッドライトはLEDを光源としてレンズ、反射板の組み合わせで小型化がなされています。LEDを用いたヘッドライトは従来の設計とは構造が異なるため、製品開発中に想定されない方向に光線が出射される迷光の問題が発生しやすいです。この迷光となる異常光線の原因調査にはニアフィールドによる配光測定が有効です。
GP-7(300)は光源としては小型となる上記サンプルやLEDモジュールなど小型光源の測定用装置です。
 

 

 

装置外観図  GP-7 (600)

装置外観図  GP-7 series (600S)

 

 

自動車用のヘッドライトのニアフィールド配光測定。
自動車のヘッドライトは光の方向をレンズや反射板で制御しており、決められた距離でその照度やパターンを評価する必要があります。
従来の測定では25 m 離れた位置に検出器を設置し、ゴニオメータに載せたランプを回転させて配光特性を測定していました。
GP-7では近距離でランプの輝度配光特性を測定し、それをもとに任意の距離での照度をシミュレーションにより求めることで、1度の測定で評価したい距離を自由に変更することが可能です。

 

 

装置外観図  GP-7 (1000)

装置外観図  GP-7 series (1000)

 

 

シーリングライトのニアフィールド配光測定。
一般照明器具の評価に2次元輝度センサーを用いることで、省スペース化が可能です。
またスポットライトのように距離によって配光特性が異なるサンプルでは、1度の測定により、 測定から得られた輝度配光特性をもとに、任意の位置での配光特性や照度特性を得ることができます。

 

測定例

液晶ディスプレイの視野角特性

サンプルに液晶ディスプレイを用いて配光測定システム GP-7より測定を行うと、得られる輝度配光特性は液晶の視野角特性となります。2次元輝度センサーはサンプルである液晶ディスプレイの表面を測定しているので、一度の測定でサンプル表面の多数の情報を得ることができます。裸眼用3Dディスプレイの測定への応用が可能です。


液晶パネルの視野角特性(3D表示) 液晶パネルの視野角特性


 裸眼3D液晶パネルの視野角特性(3D表示) 裸眼3D液晶パネルの視野角特性

 

自動車のヘッドライト

自動車のヘッドライトは光の方向をレンズや反射板で制御しており、決められた距離でその照度やパターンを評価する必要があります。従来の測定では25 m 離れた位置に検出器を設置し、ゴニオメータに載せたランプを回転させて配光特性を測定していました。GP-7では近距離でランプの輝度配光特性を測定し、それをもとに任意の距離での照度をシミュレーションにより求めることで、1度の測定で評価したい距離を自由に変更することが可能です。


GP-7で算出した路面照度と壁面照度

 

一般照明器具

一般照明器具に対しても、2次元輝度センサーを用いた測定は有効な手段です。省スペース化がはかれるとともに、スポットライトのように距離によって配光特性が異なるサンプルでは、1度の測定により、測定から得られた輝度配光特性をもとに、任意の位置での配光特性や照度特性を得ることができます。

  

         スポットライト               指示灯

   
  スポットライト  スポットライト2m     指示灯       指示灯 2m
  輝度配光特性    での配光特性     輝度配光特性     での配光特性
 

 

関連情報

関連製品

分光配光測定システム GP series

全光束測定システム HM/FM series

寿命検査装置

量子効率測定システム QE-2000/2100

インライン蛍光体フィルム検査システム DF-1000

マルチチャンネル分光器 MCPD-9800/6800

高感度分光放射輝度計 HS-1000

高速LED光学特性モニター LE series

高感度NIR量子効率測定システム QE-5000