マイページ
言語切替

ホーム > 製品情報:分析機器 > 粒子径・粒度分布 > 粒子径・粒度分布 & 分子量 > ダイナミック光散乱光度計 DLS-8000series

ダイナミック光散乱光度計 DLS-8000series

動的光散乱法を用いた粒子径・粒子径分布(粒径・粒径分布)測定と静的光散乱法を用いた絶対分子量・慣性半径・第二ビリアル係数の測定が可能です。

 


※資料やカタログダウンロードには会員登録が必要です
 【 関連技術資料ダウンロード
 

製品情報

特 長
  • 動的光散乱法を用いた粒子径・粒子径分布(粒径・粒径分布)測定と静的光散乱法を用いた絶対分子量・慣性半径・第二ビリアル係数の測定が可能です。
  • He-Neレーザー、固体レーザー、ダブルレーザーの仕様が選択できます。
  • 液浸セル光学系を採用しているため、微弱散乱のナノオーダー粒子を高精度に測定できます。
  • 最大4096chの相関計により、高分子濃厚溶液などの多モード解析が可能です。
  • オプションのゲル回転セルと組み合わせてゲル状態の解析が可能です。

 

測定項目
粒子径・粒子径分布
 1.4 nm ~ 7000 nm (固体レーザー仕様)
 3 nm ~ 7000 nm (He-Ne仕様)
並進拡散係数  2×10-6 ~ 2×10-9 cm2sec-1
重量平均分子量  3×102~ 2×107
慣性半径  20 ~ 1000 nm
第二ビリアル係数  -1 ~ 20×10-4mol・cm3・g-2

 

測定対象
  • 合成高分子

 高分子希薄溶液、ラテックス、エマルジョン、ミセル、ゲル、ゾル、高分子濃厚溶液、
 高分子溶融液

  • 生体高分子

 タンパク、核酸、ウィルス、多糖、リポソーム、ベシクル、細胞

  • 無機物

 無機高分子希薄溶液、セラミックス、顔料、磁性体、金属コロイド

 

原理

粒子径測定原理:動的光散乱法(光子相関法)

溶液中の粒子は、粒子径に依存したブラウン運動をしているため、この粒子に光を照射した時に得られる散乱光は、小粒子は素速い揺らぎを、大粒子はゆっくりした揺らぎを示します。
この揺らぎを光子相関法で解析することにより粒子径や粒度分布が求められます。

解析の流れ

 

分子量測定原理:静的光散乱法

仕様

仕 様
  DLS-8000HL/HH DLS-8000DL/DH
光源  He-Neレーザー
   (10mW)
 He-Neレーザー+固体レーザー(10mW)(100mW)
検出器  光電子増倍管(フォトンカウンティング方式)
セル  21φ円筒セル、12φ円筒セル、5φ微量セル(オプション)
セル室温度  5~90℃ (恒温水循環方式 : 循環恒温槽はオプション)
 90 ~ 160℃(ヒーターコントロール方式:高温仕様のみ)
角度範囲  5 ~ 160゜(ステッピングモーター駆動による自動送り)
角度精度  ±0.1°
電源  AC100V 300VA
寸法(WDH)  440×700×570 mm  590×700×570 mm
重量  約 50 kg  約 60 kg

 

測定例

超微粒子(タウロコレートミセル)の測定)

 

単分散セラミック微粒子の測定(粒子径分布)

 

オプション

φ5微量セル/セルホルダー

微量サンプル(50μL~)での測定が可能です。

 

φ30セル/セルホルダー

分子量測定や微粒子測定時の低角測定において迷光を抑えます。

 

偏光素子(受光側、入射光側)

散乱強度の偏光成分を測定・解析することにより、構造体の異方性に関する情報が得られます。

 

示差屈折率(dn/dc)測定 DRM-3000

示差屈折率(dn/dc)測定 DRM-3000

 

サンプルろ過キット

光散乱法を用いた測定において重要な課題である「ゴミの除去」を効率よく行えるサンプルろ過キットです。 耐溶剤性にも優れ、多くの有機溶媒で使用できます。 (スタンド、シリンジ、フィルターは含まれません)

 

循環恒温槽

・NM-454L 

温度範囲
 -20~150℃
温度表示  0.05℃
温度制御  ±0.01℃
電源  100V:50/60Hz
寸法(WDH)  200×400×557 mm
重量  約 24 kg
消費電力  1.1 kW

 

関連情報

関連製品

ダイナミック光散乱光度計 DLS-6500series

スタティック光散乱光度計 SLS-6500HL

高感度示差屈折計 DRM-3000

濃厚系粒径アナライザー FPAR-1000

オートサンプラー付濃厚系粒径アナライザー FPAR-1000AS