ホーム > 展示会・セミナー > JASIS WebExpo 2020-2021

JASIS WebExpo 2020-2021

2020年9月11日(金)から2021年3月15日(水)まで、Webサイトで「JASIS WebExpo 2020-2021」が開催されます。
大塚電子では、「大塚電子だからできる"光散乱/光計測"技術のご提案」をテーマに下記の装置を紹介いたします。
各種資料を取り揃えて、皆様のごアクセスをお待ちしております。

●名  称

JASIS WebExpo 2020-2021

●会  期

2020年9月11日(金)~2021年3月15日(月)

●会  場

Webサイト

● 主  催

一般社団法人日本分析機器工業会
一般社団法人 日本科学機器協会

■出展製品

ゼータ電位と粒子径から分散・安定性の評価が可能

● ゼータ電位・粒径・分子量測定システム ELSZ-2000 series+pHタイトレータシステム

● ゼータ電位・粒径・分子量測定システム ELSZ-2000 series+pHイトレータシステム

希薄溶液から濃厚溶液(0.00001~40%)でナノ粒子(0.6nm~10μm)のゼータ電位・粒子径測定に加え、分子量測定機能を追加した装置です。平板状試料の固体表面のゼータ電位を測定する平板セルユニットや微量試料に対応した微量ディスポセル、非極性溶媒試料での測定に対応した低誘電率溶媒用セルユニットなど、様々な測定要求に対応したセルユニットを用意しています。

ナノ粒子を最大50検体連続で測定可能

● 多検体ナノ粒子径測定システム + オートサンプラーAS50

● 多検体ナノ粒子径測定システム + オートサンプラーAS50

品質管理のニーズを更に追求した機能を各種搭載した動的光散乱法による粒子径測定装置(0.6nm~10μm)です。
 希薄から濃厚系(0.00001~40%)まで高濃度範囲で約1分での高速測定を実現しました。
また、非浸漬型でコンタミの影響を受けず、オートサンプラーなしで“5検体連続測定”機能を標準装備しています。オプションのオートサンプラーを接続することにより最大50検体の連続測定が可能です。

球晶径・相構造のダイナミックス解析を容易に

● 高分子相構造解析システム PP-1000

● 高分子相構造解析システム PP-1000

小角光散乱法を用いて、高分子やフィルムの構造をIn-situ、リアルタイムに解析できる装置です。可視光を使用している為、X線や中性子線を用いた装置と比べて、より大きな構造(μmオーダー)の評価が可能です。
偏光板を用いたHv散乱測定からは光学異方性の評価や結晶性フィルムの球晶径の解析、Vv散乱測定からはポリマーブレンドの相関長の解析が行えます。

前処理なしで陽/陰イオン・有機酸・金属などの一斉分析

● キャピラリ電気泳動システム Agilent 7100

● キャピラリ電気泳動システム Agilent 7100

 

キャピラリ電気泳動システム Agilent7100は、アジレント社の完成された装置と大塚電子が培ってきた多様なCE分析アプリケーションを融合させたシステムです。
陽イオン・陰イオン・有機酸・アミノ酸・金属・糖類等を一台の装置で分析が可能なだけでなく、微量サンプルで短時間・高分解能な分析が可能です。

非破壊・非接触・顕微で高速・高精度に薄膜を計測

● 顕微分光膜厚計 OPTM series

● 顕微分光膜厚計 OPTM series

顕微分光を用いた微小領域での絶対反射率測定により、高精度な膜厚・光学定数解析が単層だけでなく多層膜においても可能な装置です。
ウェーハ上の薄膜や各種フィルムや光学材料などのコーティング膜の厚みを非破壊・非接触で測定できます。測定時間は1秒/ポイントの高速測定が可能です。また初めての方でも簡単に光学定数の解析ができる解析ウィザードを搭載しています。

光不透過サンプルを非接触で高精度に厚み測定

● 非接触光学厚み計 Emios

● 非接触光学厚み計 Emios

サンプルをセットするだけで直ぐに結果がわかる“1ステップオペレーション”は難しい作業一切なしのユーザーフレンドリーを追求した装置です。
 検査工程の短縮を目指した装置になっており、検量線なし、高精度・高分解能で絶対厚みが手軽にわかります。
 大塚電子独自の光学方式を用いているため、コンパクトに省スペースを実現し、不透明・粗面・変形しやすいサンプルでも非接触で高精度に測定可能です。

ページトップへ