ホーム > 活用例 > 自動車 > 各種分散剤によるカーボンナノチューブの分散効果

各種分散剤によるカーボンナノチューブの分散効果

概 要

発見! 最適な分散剤を評価できます

カーボンナノチューブ(CNT)は、水や有機溶媒単独には、簡単には分散しないが、化学修飾や界面活性剤、ポリマーの物理吸着により、溶媒への可溶化が可能となることは、最近の研究でよく知られてきた。カーボンナノチューブをいかにして溶媒に可溶化、機能化するかは、化学、生化学、医学、薬学分野のみならず、最も注目されるエレクトロニクス分野でもきわめて重要である。

データ

CNT分散1 
図1 粒子径測定による各種分散剤の分散効果

 

CNT分散2

図2 ゼータ電位測定による各種分散剤の分散効果

関連製品

ゼータ電位・粒径・分子量測定システム ELSZ-2000ZS

ダイナミック光散乱光度計 DLS-8000series

ページトップへ