ホーム > 製品情報:ME機器 > 炭酸ガス炭素同位体比分析装置 赤外分光分析装置POConePlus

炭酸ガス炭素同位体比分析装置 赤外分光分析装置POConePlus NEW


POConePLUSロゴ

 

13C尿素製剤を用いた尿素呼気試験法の呼気分析に用いる医療機器で呼気採取バッグを使用し測定をします。
炭素の同位体12CO2および13CO2に吸収差があることを利用しています。
(医療機器承認番号:23000BZX00214000)

製品に関するお問い合わせ

製品情報

特長
  • 測定時間は約2 分(2 バッグ/1 検体測定時間)(※ 検体中のCO2 濃度により変化)
  • 呼気採取バッグは簡便に着脱可能
  • プリンターにより測定結果をリアルタイム印刷可能
  • カラー液晶ディスプレイ(liquid crystal display:LCD)により視認性に優れる
  • タッチパネルで操作可能
  • USB メモリー(付属なし)を使用してデータの保存可能
  • オートサンプラー(オプション:POConePlus-AS10)を使用することで最大10検体分の呼気採取バックを装着でき、連続測定が可能

オートサンプラー(オプション:POConePlus-AS10)

原理

原理

炭酸ガス炭素同位体比分析装置 赤外分光分析装置 POConeの測定原理

 

仕様

仕 様
製品名 赤外分光分析装置POConePlus
原理 非分散赤外方式
測定項目 呼気ガス中の13CO2比率の変化量(△13CO2:単位[‰])
再現性 標準偏差 0.3‰以下(Δ0〔‰〕を10 回測定時)
直線性 相関係数 0.9995 以上、1.0000 以下
測定精度
(10回測定時)
測定誤差 ±0.3‰以内(Δ13C 値:20‰未満の場合)
測定誤差 2%以下(絶対値として)
(Δ13C 値:20‰以上の場合)
測定炭酸ガス濃度範囲 0.5%以上(保証範囲:1%~7.5%)
必要検体量 120mL/バッグ以上
測定時間 約2分 (2バッグ/1 検体測定時間)
プリンター 感熱紙出力 58mm 幅 ロール直径40mm
外部出力 USBメモリ・ホストPCへの送信(RS-232C/USB)
電源・消費電力 電源 :AC100~240V 単相50/60Hz 電圧変動10%以内
消費電力 :MAX 200VA
装置寸法 奥行き340mm×幅220mm×高さ265mm
重量 約 10kg
設置環境 温度 15~30℃、湿度 30~90%

オプション

オプション

オートサンプラーPOConePlus-AS10

  • オートサンプラー(オプション:POConePlus-AS10)を使用することで最大10検体分の呼気採取バックを装着でき、連続測定が可能

オートサンプラーPOConePlus-AS10用警告灯

  • 装置本体背面に装着
  • 制御情報により赤色および緑色のLEDランプを点灯。装置が正常な場合、緑色で点灯し、エラーを検出すると赤色で点灯し、騒音環境下でも動作エラーの視認を可能にする

POConePlus用バーコードリーダー

  • バーコード管理された検体IDを読み取り、自動入力することが可能

排気チューブ

  • 測定後の呼気を適切な排気場所まで延長する事が可能

関連情報

  • POConePlusの購入、設置等に関するお問合せは、販売会社にお問い合わせください。

ページトップへ

医療関係者向け情報

日本国内の医療関係者(医師、歯科医師、薬剤師、看護師等)を対象に医療用機器等の情報を提供しています。 掲載する情報は、国内の医療関係者を対象に作成されたもので、日本国外の医療関係者、一般の方に対する情報提供を目的としたものではないことをご了承ください。

あなたは医療関係者ですか

はい