ホーム > 展示会・セミナー > 国際粉体工業展 東京2018

国際粉体工業展 東京2018

2018年11月28日(水)から30日(金)まで、東京ビッグサイトで「国際粉体工業展 東京 2018」が開催されます。
大塚電子では、「ナノ粒子径測定を簡単・手軽に」をテーマに下記の装置を展示・紹介いたします。ぜひ弊社ブースにて実機をお近くでご覧ください。各種資料を取り揃えて、皆様のご来場をお待ちしております。

● 名  称

国際粉体工業展 東京2018

● 会  期

2018年11月28日(水)~30日(金) 9:30~17:00

● 会  場

東京ビックサイト

● 主  催

一般社団法人日本粉体工業技術協会

● 入 場 料

1,000円
 (事前登録者は無料)

出展ブース 東2ホール M-05

出展ブース 東2ホール M-05

■ 出展製品

ナノ粒子測定が簡単・手軽に

多検体連続で粒子が測れる

● 多検体ナノ粒子径測定システム + オートサンプラー nanoSAQLA + AS50
● 多検体ナノ粒子径測定システム + オートサンプラー AS50

濃厚系サンプルの粒子径を最大50検体連続自動測定

希薄系から濃厚系(原液により近い状態)まで、幅広い濃度範囲で粒子径が測定できます。
コロイド分散液やスラリーの分散状態の解析に最適です。

■nanoSAQLA

粒子径 0.6nm ~ 10μm
濃度範囲 0.00001 ~ 40%


■AS50

粒子径 3nm ~ 10μm
濃度範囲 0.001 ~ 40%

 

最大50検体連続自動測定、高速測定1検体約1分、高濃度溶液対応、コンタミレス

ゼータ電位・粒径・分子量が測れる

● ゼータ電位・粒径・分子量測定システム ELSZ-2000 series+ELSZ-PT
● ゼータ電位・粒径・分子量測定システム ELSZ-2000 series+ELSZ-PT

懸濁した高濃度サンプルの分散状態を測定

ナノ粒子の分散・凝集・相互作用、表面改質の指標となるゼータ電位および粒子径・粒子径分布、分子量を測定することが可能です。そして新たに“簡単測定モード”が搭載されました。

ゼータ電位 -200 ~ 200mV
粒子径 0.6nm ~ 10μm
分子量 360 ~ 2000×104


高塩濃度対応、平板ゼータ電位測定対応、広い温度範囲0~90度、変性・相転移温度解析

異なる物性のイオンを一斉に分析

● キャピラリ電気泳動システム Agilent 7100
● キャピラリ電気泳動システム Agilent 7100

前処理不要で手軽!一台で多成分分析

陰イオン、陽イオン、有機酸、アミノ酸、糖などの異なる物性のイオンを一斉に分析できます。
試料の調整が簡単かつ微量で短時間・高分解能な分析が可能です。

微量、短時間、高分解能、一台で多成分分析、陽イオン、陰イオン