ホーム > 動画ライブラリ > 高速ニアフィールド配光測定システム RH600

高速ニアフィールド配光測定システム RH600

自動車用のヘッドライトのニアフィールド配光測定。
自動車のヘッドライトは光の方向をレンズや反射板で制御しており、決められた距離でその照度やパターンを評価する必要があります。

従来の測定では25 m 離れた位置に検出器を設置し、ゴニオメータに載せたランプを回転させて配光特性を測定していました。

GP-7では近距離でランプの輝度配光特性を測定し、それをもとに任意の距離での照度をシミュレーションにより求めることで、1度の測定で評価したい距離を自由に変更することが可能です。

 

【関連装置】
 ・高速ニアフィールド配光測定システム RH300/RH600/RH1000

 

【 関連動画 】

 ニアフィールド配光_基礎編  ニアフィールド配光_基礎編
   
 ニアフィールド配光_応用編  ニアフィールド配光_応用編
   
 ニアフィールド配光_アプリケーション事例(LiDAR編)  ニアフィールド配光_アプリケーション事例(LiDAR編)
   
 ニアフィールド配光_アプリケーション事例(HL・テールランプ編)  ニアフィールド配光_アプリケーション事例(HL・テールランプ編)
   
 【LiDARを測る】高速ニアフィールド配光測定システム  【LiDARを測る】高速ニアフィールド配光測定システム
   
 高速ニアフィールド配光測定システム RH300  高速ニアフィールド配光測定システム RH300
   
 高速ニアフィールド配光測定システム RH300 測定および解析  高速ニアフィールド配光測定システム RH300 測定および解析
   
 高速ニアフィールド配光測定システム RH1000  高速ニアフィールド配光測定システム RH1000